Trivia Box は、豆知識やこぼれ話のコーナーです!

 

ここでは英語のことが中心になるとは思いますが、それ以外のことでも何か面白そうなことや興味深いことを紹介していきたいと思います。

 

掲載頻度は不定期になりますが、ご了承下さい。

 


071618 #13    ごちそうも語学も堪能? ―日本語編―

 

どちらも「たんのう」と読んでいますが、元々あった言葉と別の意味で使われていた言葉に当て字を作ったことで話が複雑になってしまったとか。

 

まずは意味からアプローチしてみましょう。

 

「ごちそうを堪能した」の場合は「たらふく食べて味にも満足した」というような意味になります。食べ物だけでなく、お芝居やコンサート、景色などでも「大満足した」時に使える言葉です。だから「たんのう」はそういう満ち足りた状態を表す言葉だったということです。

 

語源は「足りぬ」(足りている)で、やがて→「たんぬ」→「たんの」→「たんのう」と変遷していったようです。  今の漢字は江戸時代に登場するのだとか。その頃には元の「足りぬ」は忘れられて、「湛納」(「湛」は「たん」と読む。「沢山納める」という意味)という字が当てられ、やがてそれを「堪」(「たん」という読みはなかった)と間違えて「堪納」になったり「堪能」になったりしていったらしいのです。

 

「語学が堪能」の方はどうでしょう?

こちらは、「堪能(かんのう)」という仏教用語で、「よく堪え忍ぶ能力」「技芸・学問に優れているさま」のこと。従って、この漢字の読みは「かんのう」なのです。それが、「足りぬ」から派生した「似非『堪能』」によって、恐らく使用頻度で勝る「たんのう」の音が、元々あった「かんのう」であるはずの「堪能」の読みまでも凌駕してしまったというところでしょう。

 

こうして見てくると、言葉は「より多くの人が使った者勝ち」ということなのかもしれません。

 

―英語編― へつづく


070918 #12    「ちょっと」の分析(4)英語訳編-3(これにて終了)

 

8.相手の想像に任せる (行き先を聞かれて)「ちょっとそこまで」

 「ちょっとね」

     Where are you going? と聞かれて、「ちょっとそこまで」というのは

     英訳できません。意訳すると "I'll leave it to your imagination." 「ご想像にお任せしま

     す」ということになりそうですが、ちょっと変に思われるかもしれません。やはり少し

     は具体的に、I'm just going out for a walk / shopping at the supermarket.「散歩 /

     スーパーに買い物に行くだけです」のように言った方がいいでしょう。

 

9.不満・おねだり 「ねぇ、ちょっと~!」

     Hey,     Hey, listen.     Look,      *全て言い方がポイントです。

     Hey, look at meeee! とか Hey, pay attention to meeee! と甘えて言えば

  「構って欲しい」感じですが、「ちょっと~」のニュアンスは、"Hey," と "meeee" の

     辺りに入っていそうです。

 

10.怒り 「ちょっと!いい加減にしなさいよ!」

      Hey, give me a break / that's enough / cut it out / stop bugging me!     

     *"Hey," の言い方は当然強くなります。"bug" には「悩ませる、イライラさせる」

     という意味があります。

 

これだけ(もっとあるのでしょうが)日本語の「ちょっと」は、それこそちょっとした言い方や使う相手や場所・状況等々の違いで様々な意味を伝えることができます。

 

もし、外国語の言葉で同様のものがあれば是非教えて下さい。


070718 #11    「ちょっと」の分析(3)英語訳編-2

 

4.禁止・制止 「おい、ちょっと!」(待て、止めろ等)

       No!     Stop it!     Hold it!   

  *もちろん言い方によって強さが変わります。

 

5.転換 「じゃ、ちょっとここらで」(休憩、別のことをする等)

  OK.  Let's have a break now.  (have a break の代わりに、気分を変えてやりたいこと

  を入れて言えばOKです)

 *訳せない「ちょっと」。強いて言えば "OK" と "now" 辺りに若干そのニュアンスがあ

  るかもしれません。

 

6.(通常ジェスチャーと共に)勧誘・依頼・要請 「君、ちょっと!」(付き合って、

   こっちへ来て等)

      この場合の「ちょっと」は言葉よりもジャスチャーの中で表現されていそうです。

       Hey! と言って手招きをするといった具合。

 

7.注意喚起・呼びかけ 「ちょっと後ろ通ります」「ちょっと注目!」

       Excuse me!     Look here!     Say!     Hey!

 

つづく


070518 #10    「ちょっと」の分析(2)英語訳編-1

 

「ちょっと」の英語訳は、言葉通り「ちょっと厄介」です。そのニュアンスごとに表現を変えなければなりません。ということでかなり大量になりそうなので、何回かに分けて書いていきたいと思います。

 

1.数量などが僅か、程度が軽微 

 これは一番本来の意味に近いものなので、文字通りの英語で大体大

            丈夫です。

 

    a few (数えられる場合); a little (bit) (数えられない場合),   a bit,  

 *just を付けると「ほんの」というニュアンスになります。

 「ちょっと時間~?」なら:Do you have a minute?    Can I talk to you for a minute?   

  丁寧にすると:Could I have a minute of your time?  

    *"a minute" はいずれも文字通りの「1分」ではなく、「少しの時間」を意味します。

 

   「ちょっと聞いていいですか?」なら: Can I ask you something?  *"something"         は「何か」ですが、日本語では「何か聞いていいですか?」 というのは変ですから、

   「ちょっと」と言った方がしっくりきます。

 

2.かなり・結構な程度 

    「かなり」なら:pretty, quite a (bit of), considerable, etc.

    「そこそこ、まあまあ、ある程度」なら: kind of , sort of 

      I'm kind / sort of hungry.「ちょっと腹減った」

 

3.拒否・断り 「それはちょっとねぇ」

    I'm afraid I can't / it's not possible.   I don't think I can / it's possible.  

    I'm sorry.  I can't. / It's not possible.         

   *断る場合は、曖昧にせずちゃんと伝わるようにした方が良いでしょう。

     "I'm afraid"  "I don't think"  "I'm sorry." を付けることで柔らかい響きになります。

   

   *"It's a little difficult."  などと言っても、日本語のようには捉えてはくれません。つま

  り、 難しいことできるか否かは別問題だから、「断っている」ということにはなら

  ないのです。むしろ、"It's a little difficult for me, but I'll try my best." のように解釈され

  るかもしれません。

 

つづく


063018 #9    「ちょっと」の分析(1)日本語編

 

日本語でよく使う「ちょっと」という言葉。様々な意味で使っていますが、どれくらいの意味合いで使っているか考えたことがある人は、意外に少ないのでは?

 

恐らく元々は「一寸」と書くぐらいなので、数量の少なさを意味したのでしょうが、それが例えば「ちょっとやそっとではとても無理」のように使われ、短くなって「ちょっと無理」となり、実のところは「かなり無理、相当無理」な場合でも使われるようになったのではと思います。

 

もう少し詳しく意味の分類を見ていくと次のようになります:

1.数量などが僅か、程度が軽微 「お代わりはちょっとでいいです」

2.かなり・結構な程度 「これはちょっとは名の通った代物だ」「ちょっといい話」

3.拒否・断り 「それはちょっとねぇ」

4.禁止・制止 「おい、ちょっと!」(待て、止めろ等)

5.転換 「じゃ、ちょっとここらで」(休憩、別のことをする等)

6.(通常ジェスチャーと共に)勧誘・依頼・要請 「君、ちょっと!」(付き合って、こっちへ来て等)

7.注意喚起・呼びかけ 「ちょっと後ろ通ります」「ちょっと注目!」

8.相手の想像に任せる (行き先を聞かれて)「ちょっとそこまで」「ちょっとね」

9.不満・おねだり 「ねぇ、ちょっと~!」

10.怒り 「ちょっと!いい加減にしなさいよ!」

 

まだまだあるような気がしますが、ちょっと考えただけでも10項目も出てきました。

一つの言葉がこんなにも言い方や使われ方によって意味が変化するのはあらためて、日本語の凄さを感じます。

 

次の英語編をお楽しみに!

 


061318 #8    「ノベルティ」って何?

 

最近時々耳にする言葉ですね。「ノベルティ」「ノベルティ・グッズ」「ノベルティ・アイテム」等々。

何となくは「無料でくれる記念品」みたいなものというのは、想像できる人も多いのでは? 今日はこの言葉にスポットを当ててみたいと思います。

 

そもそもこれは英語なのでしょうか? 

novelty と書きます。カタカナでは見えなかったモノがこれで見えましたね。

そうです。 novel + ty ということ。

 

まずは、novel :多くの人が知っている意味としては「小説」があります。語源的にはラテン語で、new  という意味だったようです。英語では、良い意味の形容詞で「新しい、目新しい、斬新な、奇抜な」、名詞で「小説」の意味があります。動詞形は novelize 。「テレビドラマのノベライズ本」という言い方が聞かれます。

 

-ty :性質・状態・程度などを表す名詞を作る接尾辞です。

 

ということは、novel は形容詞として考えて、「目新しさ、珍しいモノ、目先の変わった小物(商品)」が novelty の意味ということになります。これで少し、今日本で使われている「ノベルティ」の意味に近づきました。英語では、小物の商品を意味するときは、通常 novelties と複数形になります。そしてそれが「進呈品」という意味で使われるようになったと考えられます。

 

もう少し厳密に言うと、novelty items 「宣伝のために企業が自社の名称を入れて、無料配布する記念品」ということです。

 

一方、goods は要注意です。ニュアンス的には広く漠然とした感じになります。集合的に「物品」という感じです。なので、例えば「キャラクターグッズ」というのも、英語では character goods と言っても通じにくく、"Disney items / products" のように具体的に言った方が良いですよ。

 

結論:「ノベルティ」は、英語では novelties もしくは、novelty items と言いましょう。


060818 #7    「ヤバイ」という言葉について

 

元々は危険であったりまずい状況に陥ったときに使われる言葉だったのですが、いつの頃からか良い意味でも使われるようになった、実は意外に歴史のある言葉だそうです。

 

今回はその日本語に於ける「ヤバイ」と、英語にするとどうなるのかについて書いてみたいと思います。

 

日本語「ヤバイ」の歴史:語源は「厄場(やば)」。これは、江戸時代の裏家業界の隠語で、牢屋や看守を意味したとか。そういう世界と接触するような状況を指したのが始まりのようです。一般的に広まったのは明治になってからで、やはり、「危険」「まずい状況」という意味で使われていました。

 

現在では、「あの娘ちょっとヤバイ。好きになっちゃいそう」とか「あそこのバンバーグは1回食べてみなよ、ヤバイから」なんて、「ずば抜けて良い」「魅力的」を表すのに使ったりします。もちろん、「今、給料前だから懐具合がヤバイ」とか本来の意味で使う場合も多いですね。

 

つまり、日本語の「ヤバイ」はとても意味幅が広いと言えるでしょう。これは、英語でも似たようなことがあって、例えば "crazy" があります。本来の意味は、「気が狂った」「狂気じみた」ですが、口語では「熱中してる」「とても気に入っている」「素晴らしい」「申し分のない」ことを表すことも多いのです。

 

さて、「ヤバイ」はというと、"crazy" のように1語で幅広く使えるものは無いようです。

本来の悪い意味の時は、 "dangerous" "risky" 、俗語では "awful" "terrible" などが状況に応じて使えます。一方、良い意味の場合なら 、"awesome" "cool" "amazing" "terrific" などが近い感じの俗語的表現になります。

 

いずれにせよ、気持ちに応じて使い分けが必要ですね。


060618 #6 

誰かにあなたが「ナイーブですね」と言われたら嬉しいですか?

 

日本語の中で「ナイーブ」という言葉は、良い意味で使われていることが多いように思われます。「繊細な、純粋な、(感受性豊かで)傷つきやすい」といった意味合いですね。だから話す人も褒め言葉として使っているのだと思います。

 

本来的には、この naive という言葉は、フランス語で「生まれたまま」ということから、良い意味では「素直、無邪気」、悪い意味では「世間知らず、鈍感、素直すぎるバカ」を表します。したがって、日本語ではフランス語の良い意味の方を使っている感じです。

 

そして、この言葉か英語に入ってきて、実はほとんど悪い意味でしか使われなくなりました。なので、英語で naive というのは全くといって褒め言葉にならない、それどころか人をけなす言葉だと思った方が正解です。

 

英語での説明文は以下のようになっています:

too ready to believe someone or something, or trust that someone's intentions are good, esp. because of a lack of experience

つまり、「人や物事を鵜呑みにしたり信じやすく、人の心根は善意であると信じてしまう。とりわけこれらは経験不足によるものである」

 

以上のことから、英語で naive と言われたら、「信じやすいバカ、世間知らず、お目出度いヤツ」と言われていると思った方がいいです。まあ、あまり面と向かって言う人はいないでしょうが、英語がわかっていて使っている人がいたら、是非このことを思い出してください。 

 


060218 #5  ♪五番街のマリーへ

 

カラオケでこの曲を練習中の生徒さんの話です。

 

60代後半の女性。初めの頃、所々で音程が怪しくなって自信が持てない様子でした。概ね唄えているのですが、「マリーという娘と 遠い昔にくらし 悲しい思いをさせた それだけが 気がかり」という肝心なところで音が迷子になるのです。

 

何度か音をよく聴いて、声を張る練習をしていくことで、前半の部分はかなり良くなりました。ただ、どうしても「それだけが」の「が」と「気がかり」の「かぁり」と唄うところが上手くいきません。

 

そこで、歌詞に上がり下がり表示を施してプリントアウトしたものを使って、アカペラ練習をしました。その結果、紙の歌詞を見ながらだとちゃんと唄えるようになったのです。

 

肝心のカラオケ画面表示の歌詞を見ながらだと、「が」で下がらず、「かぁり」の「ぁ」で上がらず、「り」で下がらないという状況。

 

ということで、紙の歌詞を見ながらカラオケを流してトライ。完全ではないものの、改善の芽が出ました。これはいい傾向!

 

以上のようなことを繰り返して、今は安定して80点を超えられる状態になってきました(最初の頃は、70点台前半)。後はパワーアップの為に腹筋を鍛えて抑揚に幅を持たせ、声のふらつきを抑えられれば、更なる上達が期待できます。

 


053018 #4   講師の良し悪しに関するキーワード

 

英語学習者にとって先生選びは難しいと思います。Native 、Nonnative に関わらず、良い先生とそうでない先生がいます。

 

以下のキーワードによって、今習っている先生の、或いはこれから習おうとするとき、体験レッスンなどでの判断基準になればと思い、その一部ではありますが、紹介したいと思います:

 

student-centered       flexibility      fun      imaginative faculty      interactive      on the spot     情熱    発声と意味音声    生徒観察   「入力」と「出力」の反復

 

ちょっとこれらの言葉だけでは中身を想像するのが難しいかもしれませんが、英語は調べていただくと大体のことは掴めると思いますし、日本語もある程度理解は可能かと思います。ただ、2点だけは補足しておきますね。

1.student-centered & interactive:先生だけがドンドン話して、学習者の発話チャンスが減っていませんか?

2.on the spot :先生に後から注意されて、「えっ?そんな風に言ったかな?」と思ったことはありませんか?

 

もし、より詳しいことをお知りになりたい場合は、お問い合わせフォームからどうぞ。可能な範囲でお答えいたします。

 


052718 #3 [ r ] の発音

[ l ] と [ r ] の発音はどのように区別していますか?

聞き分けもなかなか難しいですね。

絶対的な特効薬はありませんが、こうすればかなり区別できるようになるという方法はあります。

それは、自分の発音をちゃんと区別してできるようにすることです。

つまり、自分の発音をより正しいものに近づけることで、聴くときも区別しやすくなります。

[ l ] の発音は、日本語の「らりるれろ」の時よりももう少し前方(上の前歯と歯茎との間の裏側)に舌先を密着させて発音します。下をもっと前に出して発音する Native Speaker もいます。

 

さて、[ r ] はある意味真逆で、舌を脱力状態にして、舌の土台ごと喉の奥へ移動させます。舌の先のことはまったく忘れてしまうことがポイントです。そして、「らりるれろ」と発音するつもりで声を出してみましょう。自分の発音が「wa, wi, wu, we, wo」のような頼りなく感じる音になっていれば正解です。「舌の先をくるんと奥の方に巻いて発音する」と教わった人が多いかもしれませんが、単音としては同じ音が出るものの、単語や文になると対応しにくくなってしまいます。次の単語や文を発音してみるとよくわかるはずです:

street, trophy, strike     

The train was really crowded last Friday.

いかがですか? 舌を巻いて発音していたら間に合いませんよね。

 

発音に関しては、もちろん他にも沢山コツがあるのですが、これ以上は企業秘密ということでご容赦ください。 

 


052618 #2

このような人を形容する場合どのように言いますか?

和英辞典で「太っている」を引くと、まず "fat" が出てきます。

これは非常に直接的な表現で、「無残にも贅肉だらけ」というニュアンスがあり、誰かを指して言うのは失礼になります。

 

他に出てくる言葉に、"overweight" があります。

これは文字通り「体重過多」ということで、たとえ筋肉質でも、とにかく体重が多ければ使います。

 

これは聞き慣れない言葉かもしれませんが、"obese" というのがあります。発音は [oubi:s] で [i:] に強勢を置きます。意味は「肥満の」です。「医学的に不健康なほど太っている」ということになります。

 

では、この写真の女性のような場合、どう言えば良いのでしょうか。

"This lady is plump." と言うのが適切です。"plump" は、「ぽっちゃりさん」というニュアンスで、特に赤ん坊とか若い女性が太っているけど、可愛い感じで健康的なイメージをもって表現したいときにはピッタリです。

 

もう一つプラスイメージの形容詞を紹介します。

それは、"chubby" です。特に赤ん坊や子どもが「まるまる太った」と表現するときに使います。ちなみに赤ちゃんの「ふっくらしたほっぺ」は、"chubby round cheeks" です。

 


052018 #1 先日英会話の生徒さんからの素朴な質問で、そう言えば文字では見たことないなあ、というものがありました。それは、映画やドラマでよく聞く「アイアイサー!」。軍隊で兵士が上官に対して言っているセリフです。

 

その生徒さんの質問は、「なんで、"I" を2回言うのかなあ?」でした。

実はこれ、"I, I, sir." ではなく、"Aye, aye, sir." なのです。

英米海軍(the Royal Navy & the US Navy)や海兵隊(the Marines)の用語で、意味は「了解しました。直ちに実行します」"The order has been received, is understood, and will be carried out immediately." です。

これは、"Yes, sir." 「理解、了解しました」(同意を示すのみ)というものと、明確に区別する必要があるためだそうです。因みに略して、"Aye, sir." と言うときもあるようです。

 

"aye" そのものの意味は、"the ayes and nays" 「賛成(者)と反対(者)」のように、「賛成、肯定」とか、間投詞で「しかり」「はい、賛成」という意味があります。